基本的でも効果バツグン復縁メールの方法

基本的でも効果バツグン復縁メールの方法

復縁したい場合に連絡手段として必ずと言っていいほどメールを使うと思います。
しかし、どのように相手に送れば有効的なのか悩んでいる方も多いと思います。
ここでは基本的なメールのやりとりについて述べていきます。

 

頻度は相手を見て

どれくらいのメール頻度が適切かというと、正解はありません。
メールって人によって得手不得手がありますよね。

 

メールが好きな相手なら1週間に2〜3回送っても大丈夫ですし、メールが苦手な相手なら1週間に1回程度にしておく必要があります。

 

返信があった場合には、相手自身も貴方に少し未練を持っている可能性があります。
しかし、ここで貴方が大量のメールを相手に送り付けてしまっては、相手は貴方の気持ちに安心して執着しなくなるかもしれません。
ちょっと我慢して、彼より少なめのメールに留めておくとよいでしょう。

 

返信がない場合、相手は貴方に期待させてはいけないと警戒している場合があります。
このときは1ヶ月は冷却期間を置くようにしてください。

 

返信は今すぐOK

相手からメールが来た場合、嬉しいですよね。
未練がバレるから遅めに返信しよう、と考えるかもしれません。
しかし、返信速度って意外と気にならないものです。
暇な時ってすぐ返信しちゃいますよね。

 

それに比べて、メール好きの相手であればその流れで会話に発展する可能性もあり、気付いた時点で返信しておいて損はありません。

 

また、相手から遊びなどの「断り」のメールが来たときなどはできる限り早く返信するべきです。

 

貴方自身傷ついているとは思いますが、それを伝えず素早くフォローすることで、相手は貴方と付き合いやすくなります。
メールをゆっくり返信するのは駆け引きに使うときくらいですので、メールの返信時間をさほど気にすることはありません。

 

内容は違う視点からチェック

1番困るのがメールの内容だと思います。
例えば、貴方の元に異性の友人からメールが届いたとします。

 

「今日は晴れてるね」「ライブ良かった」「ジムに通って筋肉改造した」
どうでもいい内容、聞いてもいない報告、自己アピールにウンザリしませんか。

 

また、わざわざこういうメールをしてくるということで、自分に好意があるのかもしれないと警戒しますよね。
つまり、こういうメールがNGなんです。

 

逆に送ってもOKなメールはというと、相手にとって利益になるメールです。
例えば「(相手の好きな)バンドが来日するらしいよ」などです。
もし、送っても良い内容かどうか迷ったなら、一度、自分の立場を置き換えて冷静に考えてみると良いでしょう。

 

おわりに

ここでは基本的なメールのやりとりについてのみお話しました。
メールだけで貴方自身が彼に訴えかけることができるのは極僅かでしかありません。
最初にもお話したようにあくまで連絡手段です。

 

メールのテクニックや駆け引きも確かに存在しますが、どちらかというと、未練を伝えてしまうことのほうが多いです。

 

そういった可能性がある場合は無理にメールをするのではなく、連絡手段と割り切って使うことをお勧めします。

 

 

 

あなたは本気で彼と復縁したいと思っていますか?

 

一人で悩んで毎日辛さと焦りを感じているあなたに

是非知ってもらいたいのが復縁占いです!

 

恋愛専門の占い師が復縁を叶えてくれる!

夢のような現実が、復縁占いにはあるのです

 

当サイトでは、今話題の安心安全なサイトだけを厳選してピックアップ!

ランキング形式にしてみました!

 

更に無料相談可能で復縁の可能性をグーンと上げれちゃいます!

 

▽本気で復縁したい人はコチラ▽

復縁体験談